七五三詣り

 

毎年、十一月十五日頃に祝う「七五三」。

三歳、五歳、七歳になった子供に晴れ着を着せ健やかな成長の感謝と幸運を祈って神社に参拝します。

「髪置(かみおき)の祝」・・・「髪立(かみたて)」ともいいい、男女とも三歳の成長を願って行います。「七五三の祝」のもとである儀式です。

「袴着(はかまぎ)の祝」・・・男児が初めて袴を着る儀式です。男児が基盤の上に乗って行われ、上に乗ることで人生のさまざまな局面での勝利を願ったものとも言われています。

「帯直しの祝」・・・「帯解き」「紐直し」ともいわれ、それまでの小児用の紐付きのきものから、帯を結ぶ本式のきものに着替える女児の祝いを指します。現在の七歳児の祝いにあたるものです。